僕の目に映る日々 > 杉田かおる、自虐ネタで開き直りまくり。これでも女優です。
 ← 【日常生活】GWなのに宿題の山ができる | TOP | 【日常生活】さすがに部活が一日中あると眠いですね。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告| Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 杉田かおる、自虐ネタで開き直りまくり。これでも女優です。 

2007年05月04日 ()
女優の杉田かおる(42)が3日、著書「別れのときに読むことば」(青草書房)の出版記念会見を都内で行った。
05年1月にセレブ婚と騒がれ、わずか7カ月で離婚した自身の“別れ”を振り返りながらの著書になっているそうだ。
今日はそんな出版記念会館での開き直りというのか、
世間の望む(?)杉田かおるキャラ丸出しの発言をまとめてみた。



・杉田は99年に自伝「すれっからし」、05年に「杉田」など、これまでにも著書を出版してきたが「初めて自分で文章を書きました。今まではゴースト(ライター)が書いてたんです」会見冒頭から衝撃発言。

・セレブ婚からのスピード離婚を振り返り「もっと悲しい別れが多いので、離婚はハクション大魔王がくしゃみをしたら消えちゃったみたいな感じ」とあっけらかん。

・同書の中で紹介している林芙美子さんの「しみったれて、けちけちした恋愛はまっぴらごめんだ」を読み上げ「偽セレブだったこともありましたね」と自虐ネタで笑わせた。

・「過去は振り返らない。全部食べちゃったという感じ」

・「恋愛は泥沼が楽しい

・現在の恋愛については「腐りかけの人を狙ってる。お肉も腐りかけのほうがおいしいし、ちょっと落ち目の人って憂いがあって、そういう人は私のような女から逃げ遅れる」と不敵な笑み。

・「結婚は?」の問いには「5回くらいしたい。籍を汚すのが快感になっちゃって」と意欲的だった。

杉田かおる、これでも女優です。
もう「皆が待っていた」というキャラを爆発させています。
いまの芸能界にこんなキャラは杉田さんしかいないのかもしれない。
まだまだ自虐で生き残る予定なのだろうか。

【http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/05/04/02.html】
スポンサーサイト
[2007.05.04(Fri) 18:23] エンタメニュースコメント(0)
↑TOPへ


 ← 【日常生活】GWなのに宿題の山ができる | TOP | 【日常生活】さすがに部活が一日中あると眠いですね。

コメント

コメント欄










コメントをプレビューする


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。




管理者にだけ表示

 ← 【日常生活】GWなのに宿題の山ができる | TOP | 【日常生活】さすがに部活が一日中あると眠いですね。

このブログについて

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

最近の記事

ハーボット

RSS

成分表示

【HN】
まぎ
【性別】
男ですよ、男。
【誕生日】
5月2日。もう過ぎました。ちなみに1992年生まれ。
【自慢なこと】
自慢?自慢ですか・・・。このブログとかですね。
【持っている資格】
英検準2級、漢検2級、数検3級、剣道初段
【好きな言葉】
「継続は力なり」

カレンダー  

アクセスカウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。