僕の目に映る日々 > ユンソナ反日?
 ← ドコモ、請求書のポイント誤表記 | TOP | 2007 年 04 月 16 日 付 シングルチャート

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告| Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ユンソナ反日? 

2007年04月11日 ()
タレントのユンソナさんがソウル市内で開いた記者会見で、「歪曲された日本の歴史教育に傷つき苦しみました」などと話したことが報道され、ネット上ではこれを「反日発言」だとし、ガッカリしたというコメントが並んでいる。しかし、過去の報道を調べると、彼女が豹変したわけではなく、どうやら考えは一貫していたらしいのだ。


日帝時代の胸が痛む話を皆聞いて育った
ユンソナさんは8年ぶりに韓国ドラマに復帰することが決まり、2007年3月20日にソウルのテレビ局SBSで記者会見が行われた。問題の発言を韓国の3大紙「東亜日報」が同日に電子版で掲載した。タイトルは「歪曲された日本歴史教育に悩み苦しんだ」。そこにはこんなことが書かれている。

「日本の番組に出演しながら文化的差をよく感じた。『私達は教科書で日帝時代や (慰安婦だった) お婆さんたちの胸が痛む話を皆聞いて育ったが、私と同じ年齢の日本の友達はよく分からない人が多い』と切なさを現わした」
「日本で一番聞かれるのが『韓日戦になぜ韓国の人は熱狂的になるのか』です。歴史的な流れを知っていれば容易に理解できることなのに。『ただ日本に負けたくないだけなのではないか』と言われた時は悩み苦しんだんです」
「日本で働きながら韓国の大事,家族の大事さをもっとたくさん感じました」
こうした一連の発言を、「週刊新潮」(07年4月5日号)、「週刊文春」(同)、「週刊ポスト」(同13日号)が相次いで取り上げた。「週刊ポスト」は「ユンソナが韓国でぶちまけた『反日発言』全部書く!」という見出しの記事で、

「今まで日本のテレビ番組や雑誌のインタビューで話していたことと全然違うじゃないですか」
などファンの怒りのコメントを掲載した。


うそかほんとか知りませんが
スポンサーサイト
[2007.04.11(Wed) 21:50] エンタメニュースコメント(0)
↑TOPへ


 ← ドコモ、請求書のポイント誤表記 | TOP | 2007 年 04 月 16 日 付 シングルチャート

コメント

コメント欄










コメントをプレビューする


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。




管理者にだけ表示

 ← ドコモ、請求書のポイント誤表記 | TOP | 2007 年 04 月 16 日 付 シングルチャート

このブログについて

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

最近の記事

ハーボット

RSS

成分表示

【HN】
まぎ
【性別】
男ですよ、男。
【誕生日】
5月2日。もう過ぎました。ちなみに1992年生まれ。
【自慢なこと】
自慢?自慢ですか・・・。このブログとかですね。
【持っている資格】
英検準2級、漢検2級、数検3級、剣道初段
【好きな言葉】
「継続は力なり」

カレンダー  

アクセスカウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。