僕の目に映る日々 > 「佐賀のがばいばあちゃん」作者の島田洋七、吉本“退社”
 ← はい、全校の前での寸劇終わり。 | TOP | キンスマ「飯島愛スペシャル」、21%の高視聴率

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告| Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 「佐賀のがばいばあちゃん」作者の島田洋七、吉本“退社” 

2007年04月10日 ()
 漫才コンビ「B&B」の島田洋七(57)が5月末にも所属事務所の吉本興業を離れることが9日分かった。関係者によると、大ヒット中の自伝的小説「佐賀のがばいばあちゃん」の収益をめぐり、吉本側と衝突したことが原因とみられる。洋七は1979年に東京進出のため吉本を一度離れ、96年に復帰。2度目の契約解除となる。



 洋七は「佐賀のがばいばあちゃん」を93年に自費出版。現在は海外版も含めて、シリーズ400万部を超える大ヒットとなっている。吉本を離れる原因は、この本をめぐる収益金などの問題。意見が衝突したことで“退社”を決意したといい、吉本も契約を解除する。

 洋七の主張は、これまで舞台の合間に自身で文庫本のサイン会を開催するなど「コツコツ続けてきた活動でやっとここまで来た」。一方の吉本側は「いろいろ所属事務所としてサポートはしてきた」としており、折り合いがつかなかったようだ。

 文庫版は1冊540円(徳間書店)。単純計算でも400万部の売り上げは21億6000万円以上。1冊1000円の豪華本も販売。契約にもよるが、印税契約の場合なら、著者への配当は一般的に10%前後とされている。

 また、「がばいばあちゃん」は昨年、映画化されて53万人を動員するなど単館系の邦画ではNo・1ヒットを記録。テレビドラマや漫画にもなった。洋七によると、09年にはアニメ映画として世界配給されるプランも進んでいる。

 洋七は79年に吉本を離れて東京進出し、漫才ブームで大ブレーク。83年に解散した島田洋八(56)とコンビを再び組んで96年に復帰している。関係者は今回の騒動に「B&Bについては今後どうなるか聞いてません」と困惑気味だ。

 洋七は「がばいばあちゃん」の講演で全国を飛び回りながら、月に1週間の大阪・なんばグランド花月の舞台を務めてきた。5月末の契約解除以降も、すでに決定しているスケジュールについてはそのまま消化するという。

 ◆島田 洋七(しまだ・ようひち)本名徳永昭廣(あきひろ)。1950年(昭25)2月10日、広島市生まれの57歳。72年に初代のB&Bを結成。80年に花王名人劇場に出演して人気者に。「佐賀のがばいばあちゃん」では祖母との思い出をつづった。

【引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000018-spn-ent】

>佐賀のがばいばあちゃんはお勧めです。
文庫本、とても面白いですよ。
まぁ、吉本もそんなところにいちいち干渉ですか。
当然の結果でしょうかね。

スポンサーサイト
[2007.04.10(Tue) 21:59] エンタメニュースコメント(0)
↑TOPへ


 ← はい、全校の前での寸劇終わり。 | TOP | キンスマ「飯島愛スペシャル」、21%の高視聴率

コメント

コメント欄










コメントをプレビューする


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。




管理者にだけ表示

 ← はい、全校の前での寸劇終わり。 | TOP | キンスマ「飯島愛スペシャル」、21%の高視聴率

このブログについて

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

最近の記事

ハーボット

RSS

成分表示

【HN】
まぎ
【性別】
男ですよ、男。
【誕生日】
5月2日。もう過ぎました。ちなみに1992年生まれ。
【自慢なこと】
自慢?自慢ですか・・・。このブログとかですね。
【持っている資格】
英検準2級、漢検2級、数検3級、剣道初段
【好きな言葉】
「継続は力なり」

カレンダー  

アクセスカウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。